お知らせを見る

地域づくり・ボランティア講座

 地域では、福祉ニーズが多様化し様々な課題が見え始めています。また、高齢化による担い手不足、新型コロナウィルス感染症により人と人との接触を避けなければいけないことによる関係の希薄化など地域では課題が複雑化しています。

 今年度は地域活動に取り組まれている方の知識・技術向上を目指した「地域づくり・ボランティア講座」を開催します。

 地域活動をされている方、ボランティア活動をされている方、ボランティアの受け入れをされている方、是非ご参加ください。

〇対象

〇申込方法

〇参加費

〇会場

No日 時テーマ講 師内 容
15/9(日)・5/23(日)両日とも同様の内容です 9:00~13:00ボランティア・地域活動におけるリモートの活用中村一貴(Camlet)ボランティアや地域活動など様々なシーンで活用できるリモートの操作を習得します。
26月22日(火)多様な地域ニーズに応えるボランティアコーディネーターの役割筒井のり子(龍谷大学、JVCA)地域におけるボランティアとは?コーディネーターの役割とは?改めてボランティアコーディネートの意義や意味を学びます。
38月4日(水)地域人材をつなげるコーディネーション松田道雄(尚絅学院大学教授、山形県ボランティア・市民活動振興センター運営委員)地域人材と資源をつないで活動展開を創出するコーディネートの実践を学びます。
49月27日(月)午前地域に住む人と課題に取り組む仕組み~コミュニティデザインを考える~山崎亮(studio-L、コミュニティデザイナー、社会福祉士)地域で様々な課題が山積していますがそこに暮らす住民の方を巻き込めていますか?住民自らが住む地域に関心を持ちかかわるヒントを学びます。
510月12日(火)       10:00~15:00グループワークとファシリテーション内山二郎(長野県長寿社会開発センター)会議を円滑に進め共通の目標に向かう方法を学びます。
611月19日(金)       13:30~15:30会議が楽しくなるグラレコのコツ~グラフィックレコーディングの基本と活用術~三澤好美(森のくじら舎)話し合いをしたのに、伝わらない。そんな経験ありませんか?伝えたいことを可視化し記録するだけでなく、人と人。人と場を繋ぐ技術を学びます。
71月21日(金)感じて学ぶ福祉教育新崎国広(大阪教育大学教育学部 教育協働学科教授)福祉教育は車椅子体験等の障がい理解が多く、”恐怖体験”のみで終了することが多い中、福祉教育を通して当事者が本当に伝えたいことを知り、伝えたいことを感じてもらえる福祉教育を学びます。
82月14日(月)傾聴とは末松渉(臨床心理士、東京都スクールカウンセラー、東京いのちの電話理事長兼研修委員長)ボランティアや地域活動などさまざまな場面で必要となる傾聴の基礎を学びます。

〇注意点

※新着情報