トップページ>日常生活自立支援事業・暮らしのあんしんサービス

日常生活自立支援事業・暮らしのあんしんサービス


日常生活自立支援事業 暮らしのあんしんサービス

 日々の暮らしでこのような不安はございませんか?。

  • 「ときどき銀行通帳の置き場所を忘れてしまう」
  • 「お金を計画的に使うのが苦手」
  • 「大切な権利証を手元に置いておくのが不安」
  • 「福祉サービスを利用したいけれど、手続きがわからない」

 長野市社協は高齢者や障がい者の皆さんが住みなれた地域で安心して生活が送れるよう、「日常生活自立支援事業」と「暮らしのあんしんサービス」を通じて皆さんの暮らしを支援します。

サービスのご案内

「日常生活自立支援事業」と「暮らしのあんしんサービス」では、皆さまのニーズに応じて暮らしをサポートしています。皆さまのご相談には専門員が応じ、ご本人と一緒に支援計画を作成し、生活支援員が定期的にお宅へ伺い、預貯金の出し入れなどの手続きを代行します。

区分 日常生活自立支援事業 暮らしのあんしんサービス
対象者  認知症の高齢者、知的障がい者、精神障がい者等で判断能力が十分でないため日常生活での福祉サービスの利用や、金銭管理がうまくできない方々が対象になります。
※ご本人の意思が確認でき、契約行為を理解できることが必要です。
 意思能力があり、ご自身で日常的な金銭管理や財産管理が困難な高齢者や外出が困難な方が利用できます。
ご住所  長野市・信濃町・飯綱町・小川村にお住まいの方  長野市内にお住まいの方
福祉サービス  介護保険等の福祉サービスに関する情報を提供し、申込や契約手続の代行・代理、利用料の支払い手続きをします。 (※日常自立支援事業のみのサービスです)
金銭管理サービス  当社協が預金通帳をお預かりし、ご本人に代わって一定額の預貯金の出し入れや支払い等の手続きをします。
【具体例】年金等の受領手続き、病院等への医療費や税金、公共料金、日用品購入代金の支払い手続き、預貯金の出し入れ手続き 等
書類等預かりサービス  年金証書や定期預金通帳などの重要書類を安全に保管します。
【具体例】保険証書、預金通帳、不動産権利書、実印、印鑑手帳、銀行届出印 等
※宝石や書画、骨董、貴金属類はお預かりできません。

利用手続について (※本事業のご利用にはご契約が必要です)


お近くの社会福祉協議会にご連絡ください

 ご本人以外でも、ご家族など身近な方、行政の窓口、民生委員などを通じてのお問い合わせにも対応します。

担当者がおうかがいします

 専門的な知識を持った担当職員がご自宅を訪問し、親身になって相談にのります。ご相談にあたってはプライバシーに配慮し、秘密は厳守いたしますので、お気軽にご相談ください。

お困りのことを一緒に考え、支援計画をつくります

 お困りのことやご希望をお聞きして、契約内容と支援計画をご提案します。(※ご相談や支援計画の作成は無料です)

ご契約とサービスの開始

 契約内容と支援計画にご納得いただければ、ご本人と社会福祉協議会が利用契約を結びます。ご契約後は生活支援員が支援計画にそってお手伝いをします。

利用料金

  • ご相談や支援計画の作成はすべて無料です。
  • 支援計画に基づき生活支援員がお手伝いする場合は
    利用時間1時間あたり 1,000円
    交通費1キロメートルあたり 20円

    が必要です。
  • 書類等預かりサービスは1ヶ月あたり300円です。
  • 生活保護を受けている世帯は無料です。

お問い合わせ先:
地域福祉課(日常生活自立支援・暮らしのあんしんサービス)
電話番号 026-225-0155 / ファクシミリ 026-223-7388
メールアドレス syakyo@csw-naganocity.or.jp

(別ウインドウが開きます)Adobe Reader  PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® ReaderTMプラグインが必要です。

長野市社会福祉協議会 お問合せ先:026-227-3030  syakyo@csw-naganocity.or.jp
Copyright:(C) 2008 Nagano City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.